重要ポイント

子どものころ芸能人になりたかったけれども、夢を叶えられなかったという方は少なくありません。そうした方の中には、自分の夢を子供に託したいと考える方も多く、子供を芸能界入りさせるために、子役オーディションを受けさせています。子役オーディションは、子供相手とはいっても、大事な人材を集めるためのオーディションなので、大人顔負けの厳しい審査を行うことになりますが、オーディションに受かるためには、どういったポイントが重要となるのでしょうか。

子役オーディションでは、きちんとコミュニケーションが取れるかが重要となります。きちんと自己紹介をして、自分の得意なことなどをPRするなど、オーディションで求められる会話をきちんと行えることが出来れば、事務所側の反応も良いものになってくれるはずです。更に子供にやる気が備わっているかも、オーディション中の対応で判断するので、子供にオーディションを受けさせる際は、前もって練習期間を設けるようにしましょう。

子役オーディションでは、どの事務所を選ぶかも重要です。子役に求められるキャラクターは一つではなく、優しい子や生意気な子、活動的な子やおとなしい子など、様々なキャラクターが求められるので、事務所に所属している子役などを参考に、自分の子に合いそうなじむ書を探すことも大切です。

モチベーションの有無

芸能人として活躍できるチャンスがあれば、積極的に挑戦させたいと考える親は多く、芸能事務所としても、優れた子役は一人でも多く確保したいので、定期的にオーディションを開催し、子供に芸能界で活躍してもらいたいというたくさんの親がオーディションに応募しています。子役として活躍できるかどうかは、オーディションの成果にかかっていますが、子役オーディションに合格するためには、子供にモチベーションがあるかどうかが重要です。

子役オーディションでは、たくさんの子供が少ない芸能事務所の椅子を奪うことになりますが、当然やる気が無い子供は事務所としても求めていません。やる気があるかどうかはオーディションを受ける態度などにはっきりと表れるので、まず子供にモチベーションが無い限りは、芸能オーディションを受けても意味が無いと思ってください。子供にやる気が無いなら、やりがいがある楽しいことであるとアピールするなど、モチベーションを持たせる努力をしてください。

子役としてのモチベーションが備わっていれば、オーディションに受かるための努力も続けてくれるでしょう。子役オーディションに受かった子役は、お芝居などのレッスンをこなしながら、次のオーディションへの参加を目指すことになるので、所属したい芸能事務所に合わせて、前もって求められそうな技術を身に付けさせるのも一つの手です。ダンススクールや児童劇団など、芸能人入りに役立ちそうな技術を子供に身につけさせる機会を積極的に作りましょう。

子役オーディション

自分では叶えられなかった夢を子供に託したいという方は多く、子役オーディションに自分の子供を応募するケースは少なくありません。子供も芸能界で働きたいという夢を持って挑戦するものの、やはり芸能事務所のオーディションに受かる方はごく一部で、合格を目指すためにはそれなりの努力が必要となります。ある程度成長した後のオーディションとは違い、子役には大人には無いものが求められるので、オーディションを受けさせる際は、そうした点にも気を配りましょう。

子役オーディションに受かるためには、まず子供にちゃんとモチベーションがあるかどうかが大切です。いくら親がやる気に満ちていても、オーディションを受けるのはあくまで子供で、子供にモチベーションが無ければオーディションに受かることは無いでしょう。赤ちゃんなど自分で判断できない年齢ならともかく、小学生、中学生ともなると、徐々に自意識も身についていき、やりたいことややりたくないことを主張するようになって来るので、モチベーションが無いのに無理やり挑戦させても、まず良い結果につながることはありません。

子役のオーディションに受かるためには、事務所が求めるカラーを子供が持っているかが大切です。子役と一口に言っても、求められるキャラクターは様々で、単純にかわいいだけでなく、生意気そうな雰囲気を持っている子や、優しそうな子など、その時々で求められる子は大きく異なります。自分の子供がどのような子であるかを考え、それを伸ばしていくことで、無理に子役らしさを追及するよりも、見る人の反応はよくなるでしょう。